シアター2020

2020年、ギャルリ・ド・ぽえむで開催の布画展「絵のかけら」出展作品。

2019年に似た構図の作品「シアター」を制作しました。
人々をのせて昼と夜がぐるりと展開する回り舞台のような地球のイメージです。
「映画館」ではなく「劇場」という意味の「シアター」。
そして2020年。時代そのものがぐるりと回りつつあるようです。
その周り舞台で私たちは何を上演していくのか。
もう一度「シアター2020」として描きました。

額300×300×18
絵240×240
制作 2020年

販売価格
66,000円(税6,000円)
購入数